はじめに。

 

はじめまして。このサイトの管理人をしてますトメキチと申します。

 

サブタイトルにあるようにガリバー、アップルなどの買取店を中心に約20年以上中古車業界で働いています。

 一般の方には分かりずらい車業界。売買には常に疑問が付きまといます。

 

 

「私、騙されてるんじゃ・・・??」

 

 

売買のみならず板金・整備などでも適正価格というのが非常に分かり難い業界なんです。

 

このサイトでは買取店にある程度フォーカスしながら、どうすれば騙されずに取引が出来るか、業界の裏側をご説明していきたいと思います。

 



まずは、こちらを理解して下さい。

上の図は買取店に行くと必ず説明を受ける中古車の流通経路です。

 

ちなみに、この『オートオークション』は日本中に数百ヶ所存在し、主に自動車メーカー系、独立系に分類されます。

 

買取値はこの『中古車オークション』の取引値を基に算出されます。


あなたが信じてはいけない買取店のウソ




結論。買取店はこう攻めろ!!

では、一般の方はどのようにして太刀打ちすれば良いのでしょうか??

はっきり言って自らの商談力によって勝負するのは得策ではありません。仮にあなたの商談力がに優れていたとしても、『餅は餅屋』です。買取商談の分野では相手の方が『うわて』だと言えます。

 

しかし、商談力に劣っていても必ず勝てる方法があるのです。

店舗には行くな!!

さて、買取店を利用する場合2つのやり方があります。
すなわち、自分から近くの店舗に行くか、出張査定を利用するかという事です。
 

 

◆ 結論から言うと、絶対に出張査定を利用すべきです。
それはなぜか??

一つは、プロの営業マンと素人のお客さんが対峙する訳ですから、アウェイよりホームで勝負すべきです。

営業マンにとって店舗とは非常に安心出来る場所なんです。査定も数人で出来るので事故見落としなどは起こり難いですし、商談で行き詰っても上司が近くにいるので、すぐにアドバイスを求める事が出来ます。 商談に集中できる環境が整っているのです。

そういう状況の中では出張査定の方が良い条件を引き出しやすいと言えます

複数社に査定依頼を行い、敢えて同時刻帯にアポを入れる。

要は、出張査定の現場で数社の営業マンをバッティングさせる訳です。

そんな事して良いの??
と思う方も居るかもしれませんが、営業の立場で言わせて貰えば結構頻繁にあります。そして、一番やり難いパターンだと言えます。

大勢居るとお客さんとしっかり話せず、最終的には価格だけの話になってしまうからです。

これをやる事により、言いくるめられるという事は確実に無くなりますし、営業マンが他社の値段を把握する為、後からの執拗な電話営業から逃れる事が可能になります。

経験的には全く同時刻というでのは無く30分間隔位で順番に呼んでいくと、悪意も感じられずちょうど良いと思います。

ブログアーカイブ

人気カテゴリー


新着ブログ